楽曲を売るには?

着うたや音楽配信って売れる?
オリジナル楽曲を作っているアーティストの方々は、パソコンで編集して手作りCDに挑戦している方は多いのではないでしょうか?

でも、問題は売れるかどうか?
CDショップでは簡単に扱ってもらえるわけでもないですから、自分たちで売り歩くしかありません。
友達であるほど「友達なんだから・・・」とプレゼントしてしまうことが多いもの。
もし友達が買ってくれたとしても、それを持ち帰って聞いてくれるかどうかは・・・
わかりません。

それが着うたや音楽配信だったらどうでしょうか?
CDと違って、いつも持ち歩く必要はありません。
友達に「今度作った曲、着うたになったんだ!聞いてみて!メールしてもいい?」と話すだけ。
友達も1 曲100円ぐらいなら、きっと聞いてくれますよね!?

着うたならではのクチコミ効果
CDの場合、買ってもらったとしても家で聞いたり、ミュージックプレイヤーに入れて聞いたりします。
一人だけで聞くというの状況が多いはず。

ところが、着うたの場合、着信音ですので自然と周りの人に聞こえます。

「今の着うた何?聞いたことない?」
「あぁこれね、友達がバンドやっててね。」
「すごいね!」
「意外といいんだよね。今度一緒にライブ行ってみる?」
自然とコミュニケーションが発生します。

インディーズサイトで知らない曲を試聴するのとは違って、ずっと身近に音楽を感じてくれるはずです。

始めるだけでは売れません
オリジナル楽曲を大量に募集して無料公開する・・・
いわゆる「インディーズ系サイト」は数多くあります。
無料ではなく販売可能なサイトも出てきています。

しかしよく考えてみると・・・
大量楽曲の中から、一つ一つ視聴して明日のスターを探そうとするような音楽好きは・・・
世の中にそんなにいるのでしょうか?
レコード店でCDを買う多くの一般的なファンはそこまでしないでしょう。
いい楽曲を視聴してもらうだけでファンになったりするものでしょうか?
そのアーティストのビジュアルやパフォーマンス、コンセプトや人間性など・・・
すべての魅力からファンになっていくものではないでしょうか?

着●JAPANは、「サイトに大量の人を集めさえすれば、自然と売れる」とは考えていません。
ですので、「総合着うた巨大ショップの運営」ではなく、「自分の曲だけを売るミニショップを提供」していくことにこだわっています。
ショップの集客は店長であるアーティスト自身の頑張り次第です。

目標は700ダウンロード
着●JAPANの楽曲登録費用は1曲3万円です。
「iTunes Store」や多くのサイトでの販売価格が約150円。
着うたフルもほぼ同じ価格です。
報酬として売上げの25%をお支払いします。
実はこの数字は超メジャーアーティストでも、そうそうない好条件だったりします。
つまり約800回のダウンロードで取り返せるともいえます。
1曲1曲を黒字にしていく。
それがメジャーレコード会社に注目されるアーティストになっていくための第一歩。
まずは1曲当り800回のダウンロードを目指して頑張りましょう!!

まずは身近なところから
CDを800枚売る・・・と考えると大変だと感じるかもしれません。
でも着うたなら随分違います。
バンドメンバー全員が、友達や家族にメールで案内すれば・・・「あいつ、着うたやってるんだ」って買ってくれる人たちはそれだけで最低でも数十人集まるもの。
うまくいけばそれだけで800ダウンロードをクリアすることも十分可能かもしれません。
後は、いままでの音楽活動の中でアピールしていけば、もっともっと多くの人たちにダウンロードしてもらえるでしょう。

お金をかけずに「セルフプロデュース」
着●JAPANでは、PCからでも携帯からでも同じURLでアクセス可能です。
そして楽曲ページのURLを紹介するためのQRコードも無料で提供しています。

また提携する多くの配信サイトではアフィリエイトサービスを提供しています。
それらを利用すれば売上報酬以外にも、収益が得られます。
ライブ前に配るフライヤーやバンドのblog、様々なシーンで自分たちの楽曲を発表してください。
「今回のライブには行けないけど着うたは聞いてみるよ」なんて友達やファンも結構いるはず?
ライブの最後に「着うたもよろしく!」なんて叫んでもらうのもOK。

音楽活動をしながら、活動資金が少しずつ集まり、レコード会社にも注目してもらえるなんて・・・
なかなか楽しいと思いませんか?